シスターからのメッセージ⑪ シスター奥井博子

2021-08-01

1.名前:奥井博子シスター奥井②

2.プロフィール:

不二聖心女子学院 教諭、聖心女子学院 教諭、
小林聖心女子学院 教諭、札幌聖心女子学院 教諭、
不二聖心女子学院 校長、聖心女子学院 校長

 

3.座右の銘:

「私はぶどうの木 あなたがたはその枝である...私の愛にとどまりなさい。」
                                (ヨハネ15:5~9)
創立者聖マグダレナ・ソフィア・バラの祝日のミサで読まれるこのみ言葉は私の心の中で、特別な位置を占めています。このみ言葉との心の奥底での出会いがあったのは、1974年の
終生誓願式直前の裾野での研修会の時でした。一生を神に奉献するということの重大さに緊張しきっていた最中です。ある午後、散歩をしていて、当時農園にあった小さなぶどう畑が目に留まりました。その途端、ぶどうが豊かに育つためにはぶどうの枝はしっかりぶどうの木にくっついていなくてはという言葉が響いたのです。しっかりつながっていると、樹液が木全体に流れていく、そのように、私が神様にしがみついていくと、神の愛の樹液が私の身体に流れていくのだ、その愛の力強さによって私は奉仕することができるのだ、と確信しました。それまで、自分の愛の小ささを嘆いていた私の姿勢の方向転換がそこにありました。その後、山あり谷ありの生活が私を待っていました。時には絶望感に襲われたこともありました。しかし、必ず戻っていったのはこのみ言葉でした。
「私の愛にとどまりなさい。」
そのたびに勇気と希望が湧いてきて、前進することが出来ました。

 

4.メッセージ:

コロナ禍の自粛生活が長く続いたこの1年を振り返りますと、答えがすんなりと出ない状況に忍耐した日々であったことがまず頭に浮かびます。同時に、計画通りにいかなくても驚かずに再考する知恵も学びました。このところ、聖心会日本管区のア一カイブのお手伝いをしています。113年の聖心会の歴史を鳥瞰図で眺めるように読むと、人間の手を超えた神のご計画の不思議さに圧倒されてしまいます。今日の私たちの生活もどういう神秘の中にあるのでしょうか。焦らず、祈っています。

 

 

  1. *以下、過去のシスターコラムです。

    1. ①シスター宇野三惠子
    1. こちらへ
    1. ②シスター田中玲子
    1. こちらへ
    1. ③シスター大橋保子
    1. こちらへ
    1. ④シスター景山佐和子
    1. こちらへ
    1. ⑤シスター山崎渾子
    1. こちらへ
    1. ⑥シスター頴川政子
    1. こちらへ
    1. ⑦シスター山下まち子
    1. こちらへ
    1. ⑧シスター岩井慶子
    1. こちらへ
    ⑨シスター田嶌淳子 こちらへ
    ⑩シスター井上千寿代 こちらへ