みこころ会裾野墓参 2018年5月30日(水曜日)

2018-06-07

5月30日みこころ会の裾野墓参が行われました。今年は37回生から72回生まで幅広い世代の21名が参加し、うち2名は麦の会(三光町定時制同窓会)からの参加でした。
朝9時渋谷を出発して、11時ごろ不二聖心に到着しました。本館玄関前でシスター奥井院長、シスター山崎、シスター寺田、蒔苗教頭先生が出迎えてくださいました。

 

天気予報では雨になりそうで心配でしたが、降られることなく無事お参りできました。
シスター方の墓所は、緑豊かな小道を進んだ木立の中にあり、マザーブリットやマザー吉川はお庭の墓所に、その後亡くなられたシスター方はお名前の刻まれた納骨堂に眠っていらっしゃいます。また近くには不二聖心の礎を築いた岩下家の墓所もあり、お参りさせて頂きました。

 

お聖堂では、シスター方とご一緒に聖歌を歌いお祈りをして、聖心のために尽くしその一生を送られた多くのシスター方に思いを馳せ、心静かな時間を過ごしました。
アーカイブ室では、充実した資料の数々を拝見して、不二聖心だけでなく、古き聖心の歴史を辿ることができました。再現された寄宿のドミトリーも懐かしく、聖心で過ごした経験は学年を超え、思い出話に花が咲きました。

 

出発前にはシスター大原校長から御絵を頂戴し、また蒔苗教頭先生から校内にある十字架の道行や不二聖心の案内を頂きました。シスター山崎からは黙想の家でお手作りのクッキーを頂いて母校の温かさに癒される思いでした。降り出した雨に、お名残惜しくも急かされる様に帰路に着くこととなりました。途中市内の「すその茶寮」にて楽しく昼食をとり、2時半に裾野を出発。4時半前に予定通り渋谷に着き解散しました。